悲劇の絡繰り
2012年 インクジェットプリント

見事に咲くバラと萎れているバラが束になって宙に浮かんでいる。 開いた花に比べて枯れた花の方がどうしても悲哀に満ちて見えてしまう。 しかし枯れた花は残った枝や種から新しい花を咲かせることが出来るし、 咲いている花はいずれ枯れていくことに気付くことが出来れば 悲しみは一時の勘違いであることがわかる。