The surface
2012年 ビデオインスタレーション

映像が映像であることから脱却する方法の一つに、 白くて四角いスクリーンから解放するということがある。 観客自身の体をスクリーンにすることで、映像の純化と 展示空間でしか出来ないインタラクティブな作品の構築を図る。

仏教における5大元素である地・水・火・風・空の要素を映像を使って表現する。現代の環境には 表面だけ見てもわからない様々な問題が隠されている。

地…千葉で起きた液状化の際に噴き出した土
水…ペットボトルの水、東京湾の水
火…LEDで装飾されたイルミネーション
風…ツイッターに次々と表示されるニュース
空…福島の放射能で汚染された空

これらの映像を鑑賞者の体に投影すると映像は鑑賞者の体のライン、着ている服の素材、色によって変化することになる。
現代とはどういう世界なのか。それに影響を受ける、または受けない自分とは何なのか。そんなことに思いを馳せる場所を目指して制作した。